#151 映画「ルックバック」ネタバレ感想編:原作マンガとの違いとそもそもこの作品の何が面白くて傑作なのか問題

映画「ルックバック」をしばらく見れない私のために、なっしーが公開初日に鑑賞した様子を話してくれました。

原作はこちら

2024年6月28日に公開された映画「ルックバック」は、藤本タツキ先生原作の読み切り漫画を原作とした作品です。原作はわずか143ページながら、深い内容と美しい絵で多くの読者を魅了しました。

映画は原作の内容をほぼ忠実に再現しており、ファンからも高い評価を得ています。特に、キャラクターの演技や表情、動きが原作よりも生き生きとして表現されている点が好評です。

ルックバック見どころポイント

この映画の見どころポイントは、大きく3つあります。

1つ目は、2人の少女の友情です。幼い頃から互いを認め合い、支え合いながら成長していく姿は、見ている人を温かい気持ちにさせてくれます。

2つ目は、創作活動の苦悩と葛藤です。主人公の藤野は、才能ある京本と出会い、自分自身の才能のなさに向き合わされます。それでも諦めずに努力を続ける姿は、多くの人の共感を呼ぶでしょう。

3つ目は、創作することの意味です。映画を通して、創作活動は自分自身と向き合い、成長するための手段であることが伝わってきます。

「ルックバック」が共感されるワケ

この映画が多くの人の共感を呼ぶ理由は、いくつか考えられます。

1つ目は、普遍的なテーマを描いていることです。友情、努力、才能、創作活動など、この映画で描かれているテーマは、誰もが経験したり考えたりしたことがあるものです。

2つ目は、リアルな描写です。キャラクターの表情や動き、風景など、すべてが非常にリアルに描かれており、まるで自分がそこにいるような感覚になります。

3つ目は、メッセージ性の高さです。この映画は、単なる友情物語ではありません。創作することの意味、生きることの意味について、考えさせてくれる作品です。

特別じゃない日常を特別にする

この映画の中で、特に印象的なシーンがいくつかあります。

1つ目は、藤野と京本が初めて出会うシーンです。2人は偶然にも同じ学級新聞に4コマ漫画を掲載しており、互いの才能を認め合います。

2つ目は、藤野が京本の家に初めて訪れるシーンです。京本の部屋には、積み上げられたスケッチブックがあり、藤野は京本の努力の量に圧倒されます。

3つ目は、藤野と京本が共同で漫画を制作するシーンです。2人は互いに協力し合い、最高の作品を作り上げようとします。

これらのシーンを通して、この映画は「特別じゃない日を特別にする」ことの大切さを伝えてくれます。

積み上げられたスケッチブック

映画の中で、印象的なアイテムとして「スケッチブック」があります。藤野と京本は、それぞれ何冊ものスケッチブックに4コマ漫画を描きためています。

これらのスケッチブックは、2人の努力の証であり、成長の記録でもあります。また、2人の友情の象徴でもあります。

表紙にもなっている後ろ姿

映画の表紙には、藤野の後ろ姿が描かれています。これは、藤野が努力を続ける姿を象徴するものです。

この後ろ姿は、映画の中でも何度も登場します。そして、藤野の成長を物語っています。

なぜ創作をするのか?

この映画は、「なぜ創作をするのか?」という問いに対する答えを提示してくれます。

それは、「自分自身と向き合い、成長するため」です。

創作活動を通して、私たちは自分自身の才能や可能性に気づくことができます。また、努力することの大切さを学ぶことができます。

ルックバックを見ると日本の文化レベルが上がる説

この映画は、日本の文化レベルを上げる可能性を秘めていると思います。

この映画は、友情、努力、才能、創作活動など、普遍的なテーマを描いています。また、非常にリアルな描写とメッセージ性の高い作品です。

このような作品を多くの人が鑑賞することで、日本の文化レベルが向上していくのではないかと思います。

まとめ

映画「ルックバック」は、友情、努力、才能、創作活動など、普遍的なテーマを描いた感動作品です。

この映画は、多くの人々に共感と感動を与えてくれるでしょう。また、日本の文化レベルを上げる可能性も秘めていると思います。

ぜひ、多くの人にこの映画を観ていただきたいです。

twitterはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください